傷害〔基本契約〕死亡保険金

保険金をお支払いする場合

日本国内において旅行行程中の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて 180 日以内に死亡した場合

お支払いする保険金

傷害死亡保険金額の全額を死亡保険金受取人に支払死亡・後遺障害保険金額の全額を死亡保険金受取人(指定のない場合には被保険者の法定相続人)にお支払いします。
(注)【後遺障害保険金】をお支払いしている場合には、既にお支払いした後遺障害保険金を控除した残額となります。

保険金をお支払いできない主な場合

1.次の①~⑪のいずれかによって生じたケガ
①保険契約者、被保険者や保険金受取人の故意または重大な過失
②けんか、自殺、犯罪行為
③被保険者による自動車、オートバイの無資格運転、酒気帯び運転、麻薬などを使用しての運転
④脳疾患、疾病、心神喪失
⑤妊娠、出産、早産、流産
⑥外科的手術(事故による傷害の治療を除く)
⑦戦争・革命などの事変や暴動
⑧地震・噴火、これらによる津波
⑨核燃料物質による事故または放射能汚染
⑩ピッケルなどの登山用具を使用する山岳登はん、ロッククライミング(※)、リュージュ、ボブスレー、スケルトン、航空機操縦、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超軽量動力機(モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機など)搭乗、ジャイロプレーン搭乗、その他これらに類する危険な運動
⑪自動車、オートバイ、モーターボート等による競技、競争、興行、試運転
(※)登る壁の高さが5m以下であるボルダリングを除きます。
2.むちうち症または腰痛などで医学的他覚所見(検査等によって認められる異常所見)のないもの
など

ご注意事項

  • 「被保険者」とは、保険の対象となる方をいいます。
  • *ケガとは、急激かつ偶然な外来の事故により身体に被った傷害をいいます。ケガには、偶然かつ一時に吸入した有毒ガスまたは有毒物質による急性中毒、細菌性食中毒およびウイルス性食中毒を含みます。また、この保険には、熱中症危険補償特約(国内旅行傷害保険特約用)がセットされており、日射または熱射による身体の障害も支払いの対象となります。
  • *治療とは、医師が必要であると認め、医師が行う治療をいいます。